フォスフェイト&ナイトレイト

先月フォスフェイトリアクターのメディアを交換して約1ヶ月経過し、ナイトレイトリアクターを強化して2ヶ月ちょい経ちましたので、ぼちぼち安定してきたんじゃないかなと計測してみました。まずは硝酸塩を(Red Sea NO3 Nitrate Pro Test Kit)。
DSC00548-01

強化前は綺麗な紫色に染まってましたが薄いピンクに!0.25~0.5ppmの間ってところです。いい感じです!
続いてリン酸塩です(HANNA HI736 Checker)。
DSC00549-01
単位がppbなので、計算すると0.15ppmといったところです。精度が±5ppbなのでまあこんなもんで上出来でしょう。語るには硝酸塩リン酸塩だけじゃないのかもですが、導入した設備が有効に働いた結果が見えると楽しいもんですね。

 

フリソデエビ

DSC00544-01

カワリイトマキヒトデらしきがちょっと増えてきたようなので、ヒトデ専食の彼に入海していただきました。今手に持っているところを捉えました。コブヒトデほどデカくはないですが、食べているみたいです。水槽の中にこのヒトデがどれくらい居て、どれほどが餌になるのかわかりませんが、見た目や生態が面白いですね。
DSC00542-01

他のエビとは威嚇し合いますが、ケンカまでは行かず、ヤッコたちも無関心です。基本的にジッとユラユラしていますが、狭い水槽を右へ左へとよく移動してます。

 

マンダリンは断念

DSC00436-01

サイケデリックが売りのスポッテッドマンダリンさんは、非常に愛嬌があり見ていて飽きない魚です。なので何とか混泳させたかったのですが、ニセモチノウオと極めて愛称が×です。というか一方的にやられます。食性が似通っているためかニセモチノウオのモッチーがすばやい攻撃で、おとなしいのをいいことにトコトン追い詰めてしまいます。設備とエサの問題もあり退避できないまま★(行方不明)にしてしまいました。残念ですが、混泳の難しさを痛感しました。エビを含めたその他のメンバーとは全く問題なかったですが・・・


 

ボネリムシ

DSC00514-01

夜の水槽でフラッシュとド下手なりでボケてますが、真ん中の逆Y字がそうです。びよーんと伸びては縮む動作を繰り返しておられます。姿とは裏腹に砂を綺麗にしてくれる優等生ですので、長生きして欲しいいものです。この状態で7~8cmのストロークですが昼間は少々キモいかと・・・。