ネオンゴビー逝く

DSC00068-01
我が家のクリーナーだったネオンゴビーさんが力尽きてしまいました。 1年と5ヶ月でしたが、愛嬌のあるとてもクリーナーとして優秀な魚でした。
以前の60cm規格水槽からのメンバーで、混泳では同じハゼの仲間ともケンカせず、どんなヤッコたちでもフレンドリーに接しておりました。青いボディーがまさにカージナルテトラの様に光って綺麗なので観賞用としてもバッチリな魚でした。
粒餌にも慣れるのは早かったように思います。が、味を覚えてからは過食気味でかなり中年太りのオヤジ体型になってしまい、美しいボディーラインが見る影も無かったですが、せめてお腹を隠した画像で弔わせていただきます。
DSC00144-01
今までありがとう!またいつかネオンゴビーにはお世話になりたいと思います。

 

ニシキ行方不明

先日紹介したニシキさんですが突如行方不明に・・・蓋がある水槽なので飛び出しは無いにしろ、亡き骸もないのでおそらくハタゴに捕まったのではないかと。
カクレがガードしてるので不用意な接近は無いはず・・・
前日の晩まで食は細かったけどみんなと一緒に食べていたのを見てたんですが、朝は姿を見せず。餌付けに苦労しましたが、しっかり粒餌を食べだして3ヶ月、成長が楽しみだったので非常に残念です。
またチャレンジしたいと思います。
DSC00124-01
[最後の画像2015.12.05]

 

ミドリイシは厳しい

DSC00145-01
うちの環境ではミドリイシはキツイみたいです。
見事に白化しました(汗)魚メインなので両立は難しいですね。まあ、不精なのもあるけども・・・
ネットの画像や動画でミドリイシ系とヤッコの同居なんかを見ると憧れますが、いろいろ投資も時間も厳しいためつい楽ラク路線に走りがちなんで余計厳しいかもです。このサンゴ、右の部分に元からシコロサンゴらしきものが付いていたので残しているんですが、
でもコモンサンゴは何とか育ってくれてます。
DSC00161-01
ヤッコ達も突かないので楽です。結構高い高度に配置してあるのでダイナミックに見えます。
お口直しにタコアシもご覧ください。
DSC00164-01

 

カリビアンバブル

DSC00021-01

カリバブを撮って見ました。ディスクコーラルの仲間でつぶつぶが見る人が見ると・・・かも知れませんが、神秘的な何ともいえない魅力があります。うまく撮れてないんですがオレンジタイプです。夜も蛍光色で綺麗ですが、このタイプの他にマルチカラーも夜のブルーライトで星のように綺麗です。昼間は地味ですが(笑)

DSC00101-01

このピンクタイプは非常に高価なのでいつか入手したい逸品ですね。