アデヤッコ

dsc01097-01

入れてしまいました!

ヤッコ好きは無茶な混泳をするという伝説を引き継ぐ者としてやってしまいました。大きさは5.5cmでまだ幼魚柄が綺麗です。入海当初はイナズマにかなり追いやられましたが、ライブロックの隙間で非難してやり過ごしているうちに受け入れてもらえたようです。他の仲間たちにも悪さをしない優等生ですが、オオナガレの触手を食いまくっています。何故かトランペットだけで、他のサンゴには手を出さないと言う・・・    大きくなってしまうので、いつまで居てもらえるかわかりませんが楽しみがひとつ増えた次第です。

 

何イソギンチャク?

dsc00990-01

購入したサンゴの袋に引っ付いてました。移動するしスボムしでまあ、イソギンチャクですよね。小さいのでアレなんですが、セイタカではないしウメボシにしては茶色いしと特定不能です。大きくなると困るので水槽に入れるか悩みところで別宅にて様子見中です。

dsc00994-01


 

パープルファイヤー1年経過

dsc00400-01

我が家のパープルファイヤーゴビーが1年を経過しました。ボディ部分は綺麗な紫色ではないですが、物怖じせずマイペースでど真ん中をホバーリングしています。相変わらずスミレを見つけるとストーキングしますが、何故かは不明。色形は似ても似つきませんが・・・。以前にイエロージョーが居ましたが、しっぽにかけての白い滑らかさや、岩陰に逃げ込む様子などがよく似ています。大きさは1cmほど増えて7cmくらいです。フレーク・粒餌をヤッコやトミニの荒くれ達の中、華麗に食べてます。

 

ハナブサツツマルサンゴ

dsc00976-01

初めて見るサンゴだったんですが、コエダナガレで売られてました。でも饅頭のようなぷっくり形状から広がらないので、コレは違うよな~と。コエダじゃなくツツマルって名前が付くんですね。見た目がとても可愛いので入海してもらいました。つぶつぶも小さく全体的に小ぶりな固体ですが、タコアシのミニチュア版のようでとても綺麗です。水流も見直したのでいい感じに揺れてます。動画もどうぞ。


 

水流の見直し

最近ハナサンゴ系の調子がイマイチでいろいろ考えましたが、ふとSHOPの水槽でたなびくナガレハナ(連れて帰りましたw)を見て、太く息づくような水流で、うん、コレかな、っと。

今までは4つのマキジェットと回転式ディフレクターで複雑で行き届く水流を目指していましたが、あっさり解決しました。

img_0373-01

今回外した今までの分。で、新しく・・・

dsc00923-01

WMP-8000Rです。DCウェーブポンプ20Wなので、4機計36Wより省エネかつ静寂で水流も程よく水槽全体に廻せています。ただウチの場合60cm水槽なので間欠モードの最弱でも角度によっては流れの強いところが出来るので、4000Rでも良かったかも。調整は角度調整の上下で許容範囲が違う為、電源コードが出ている向きが限定されます。とは言え15mm厚のガラスまでいける強力マグネットのおかげで自由に取り付けられるので非常にすっきりしました。DCなので何気に波(間欠の周波)も調整できる優れものです。

ハナサンゴ系もいい感じで開いてくれてます。


 

これは21世紀において海水魚水槽の維持を続行し、  日々格闘し続けた記録です。